ホットフラッシュの原因

更年期障害の症状の代表とも言えるホットフラッシュは、気温や身体状況に関わらず突発的に身体がほてる、のぼせるなどカァーっと熱くなることを言います。
起こる予測ができないことから対応もしにくく、大量の汗をかいてしまい着ている衣服を汚してしまうなど、多くの人の悩みとされいます。
このホットフラッシュが起こる原因には卵巣機能の低下が挙げられます。閉経により卵巣から作りだされる女性ホルモンのエストロゲンが減少している状態で、脳からエストロゲンを分泌する指令が出続けることにより、自律神経が乱されます。自律神経は血管の収縮や拡張を担っているためこの部分が乱れることによりホットフラッシュの症状が起きるとされています。
更年期障害やホットフラッシュの口コミを読もう!→ http://konenki-sapuri.com/

ホットフラッシュに効果的な運動

ホットフラッシュは更年期の方によく見られる症状です。体の火照りや発汗がおき、顔も紅潮し、のぼせたような感覚になります。
原因は女性ホルモンの減少であり、対処法としては自律神経の働きを整えることにあります。
ホットフラッシュに有効な運動をいくつか紹介します。
更年期に入っている方は、激しい動作は体に大きな負担をかけます。ですので、軽めの運動で済ませるようにしましょう。
ウォーキングやサイクリングはホットフラッシュを抑えるのに非常に効果的です。日常の中で歩くことや自転車に乗る機会は多いですので、是非実践してみましょう。また泳ぐことも体に負担をかけずおこなえるのでお勧めです。泳がなくてもプールの中を歩くだけで、ただ道を歩くのに比べ効果に期待が出来ます。

ホットフラッシュ対処法 首筋にウェットティッシュ

ホットフラッシュは更年期の方によく見られる症状です。体の火照りや発汗がおき、顔も紅潮し、のぼせたような感覚になります。
原因は女性ホルモンの減少であり、対処法としては自律神経の働きを整えることにあります。
ホットフラッシュに有効な運動をいくつか紹介します。
更年期に入っている方は、激しい動作は体に大きな負担をかけます。ですので、軽めの運動で済ませるようにしましょう。
ウォーキングやサイクリングはホットフラッシュを抑えるのに非常に効果的です。日常の中で歩くことや自転車に乗る機会は多いですので、是非実践してみましょう。また泳ぐことも体に負担をかけずおこなえるのでお勧めです。泳がなくてもプールの中を歩くだけで、ただ道を歩くのに比べ効果に期待が出来ます。

ホットフラッシュは体温調節だね

ホットフラッシュは、閉経となる前後のおよそ10年間の間に起こる、更年期の代表的な症状のひとつになります。
急に熱くなって汗がでたり、のぼせて顔が赤くなったり、動悸やめまいなども現れることもあるようです。
このホットフラッシュの原因は、卵巣機能の低下に伴いエストロゲンの分泌量も減ることで、自律神経も乱れて、身体の体温調節が上手にできなくなると考えられています。
この対処法には、身体があつく感じたら服装で体温の調節をこまめにすることや、冷却するグッズなどを使用して、瞬間的に身体を冷やしてみるのもいいでしょう。さらには、食事や適度な運動、自律神経のバランスを整えるために、生活習慣を見直してみることも大切になります。

ホットフラッシュと性ホルモンの関係

更年期障害に良く見られる症状の一つとして、ホットフラッシュがあります。
ホットフラッシュは、急に顔がほてったり、のぼせるような暑さを感じたり、大量の汗が流れ出るような症状を言い、性別に関係無く発症します。
これらの原因は性ホルモンの減少にあり、男性であればテストステロンが、女性であればエストロゲンが減少することで、自律神経に異常をきたします。自律神経は、正常時は気温に応じた体温調節をするため、血管の拡張や収縮をすることで血液量を制御しています。しかし、性ホルモンが減少すると自律神経に乱れが生じ、体温調節が正常に機能しないため、ホットフラッシュを発症することになります。
このため、似たような症状が見られる場合は、更年期障害を疑う必要があります。

ホットフラッシュで気分が悪くなった場合

ホットフラッシュが起こり気分が悪くなってしまったら、首筋を濡らしたタオルやウェットティッシュなどで押さえて冷やします。リラックスした姿勢になって厚着している時は薄着になって体温調節をします。ホットフラッシュの症状は突然起こるので、重ね着をしておくと体温が調整しやすくなります。
カフェインが多く含まれている飲み物は症状が起きやすいと言われているため、フレッシュジュースや麦茶などのノンカフェインの飲み物を摂るようにしましょう。症状が出てきたらなるべく涼しい場所に移動して体を休めます。暑さを感じるので扇子などをカバンにいれておくと、のぼせ対策になります。のぼせていても手足は冷えている事が多いので、血流を改善するためにも下半身は温めておくようにします。

ホットフラッシュに効く大豆イソフラボン

ホットフラッシュとは、突然のぼせて大量の汗が噴き出すなど、更年期特有の症状のことをいいます。人前に出るのが恥ずかしい、眠れないなど生活に支障をきたすこともあります。
ホットフラッシュは、エストロゲンの急激な減少により自律神経が乱れ、血管が膨張して起こるのです。
このような症状が出た時には、大豆イソフラボンを摂取すると症状が緩和すると言われています。大豆イソフラボンは、構造が女性ホルモンと非常に良く似ているため、体内に入ると女性ホルモンと同じ働きをしてくれるのです。そのため、女性ホルモンが少なくなって現れたホットフラッシュなど、身体的、精神的につらい更年期障害症状を抑え、ホルモンバランスを正常に整えてくれる効果があるのです。

ホットフラッシュで汗をかく場所

ホットフラッシュは、気温に関係なく体がカーッと熱くなって、発汗をしやすくなります。
ホットフラッシュで汗をかく場所は、上半身が多く、首全体や首の後ろ、背中、ワキの下、胸などに一度に発汗をすることが多いです。
下半身に汗をかくことは少なく、上半身に集中することが多い傾向がありますし、下半身には冷えを感じていることが多いです。
暑い日の発汗とは違って、臭いの強い汗をかく傾向があります。
体が熱いと冷たい飲み物を飲んでしまいますが、体を冷やすのはよくないので、温かい飲み物を飲むようにしたり、入浴で体を温めることが大事です。
汗をかく場所は、顔や首、こめかみなどが多いので、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。